コロナで減収したあなた・・・もし○○なくなったらヤバくない?

Pocket

毎度!

電車の時間がギリギリだったので、ホームに続く階段を駆け上がったら途中で息切れしてしまい電車に乗り遅れたかっつんです。

悲しいかな運動不足ですね。もう少し動けたはずなのに・・・、体を鍛え直そうと思いました。

さてさて、京都でも21日に緊急事態宣言が解除されましたね。ただ、まだしばらくはリモートワークが続くかもしれませんね。

リモートワーク中なので、普段は家で仕事をしています。お客さんの要望やどうしても対面でないといけないときは訪問していますが、基本的には引き籠り(ひきこもり)生活です。

あなたの会社もリモートワークをしていますか?

僕は営業職なのですが、引き籠り生活をしていると普段よりも考える時間が多く取れることに気づきました。だって、お客さんのところに訪問しなくていいから。

移動時間がないんですよね。お客さんのところに行って、話していた事も手紙や資料を送って電話で済ませられます。逆にそうしないといけないんですよね。

会社から、基本的には訪問禁止と言われているので。

だから、時間に余裕が持てるようになったので考えたことや、この期間にパパさんにやってみて欲しいことを書いてみたいと思います。

家事にチャレンジしてみよう

これ今がチャンスですよ!

リモートワークなら通勤時間もないわけですからね。朝の時間を有効活用してみません?

オススメなのは、まずは洗濯機を回すことからスタートします。
え?洗濯機を回したことない?

そんなあなたは、ググってみて下さい。メーカーの名前と型番を入力して洗濯機の使い方で検索したら出てくるはずです。それが面倒なら、奥さんに聞けば教えてくれますよ。

洗濯機を回すことに成功したら、洗濯が終わるまで時間がありますよね?その時間に洗い物をしちゃいましょう!

奥さんが出来る人で、洗い物がないなら掃除機をかけちゃって下さい。お風呂掃除でも、トイレ掃除でもいいですよ!

僕の経験上、普段から家事をしていないと、洗濯機を回してる時間に休憩しちゃうと面倒くさくなっちゃいます。だから、待ってる間も別の家事をしておく必要があります。

僕は洗濯機を回している間に洗い物をしちゃいます。洗い物をしている間に洗濯が終わっています。洗濯物を干したら、トイレ掃除をして部屋の掃除機をかける。

ここまでを1時間でやります。1時間経ったら終了、仕事に戻って下さい。
最初のうちは、途中までしか出来ないと思います。慣れてませんから。

途中までしか掃除が出来てないとか、気分的にモヤモヤしますよね?なんか気持ち悪いなーって。

その気持ちが大事なんです!次こそは時間内に終わらせよう。そのためには、どうしたらいいんだろう?と考えるようになりますから。

1時間と決めることで、「1時間で家事をここまで終わらせる」といったゲーム感覚で楽しみながらするのが続けるためのポイントです。

ふと考えたこと

リモートワーク中に、ある番組で個人事業主へのインタビューを見ていたときにふと思ったことがあります。

その事業主はこんな事を言っていました。「収入がないのに、家賃などの固定費はかかる。これが続くと廃業するしかない・・・」

「確かに、サラリーマンとは違うもんなー。国が補償をせんと、潰れるところ沢山でるやろな・・・」
そう思いながらインタビューを観ていました。

そういう点では、サラリーマンて恵まれてるなー。なんてことを脳天気に考えていると、あることに気づいちゃったんです。

サラリーマンでも、この事業主みたいな状況になり得るということに・・・。

あなたは、それがどんな状況か分りますか?

今回は、新型コロナウイルスの蔓延という特殊な状況だったので、サラリーマンの場合、自宅待機でも収入が減らないわけですよね。

もし、あなたがガン、脳疾患、心疾患といった病気で働けなくなった場合はどうでしょう?

働けない間、自宅や病院にいてもお給料は払われ続けると思いますか?

もし、精神疾患(うつ病など)にかかって自宅での療養が必要になったときは給料はいつも通り支払われるでしょうか?

いやいや、コロナとガンとかの病気って全然ちがうやん!!なんの話してんの?あなたは、そう思ったかも知れません。

僕が言いたいのは、サラリーマンでも収入が途絶えてしまう事が起こりえるということです。倒産やクビじゃないと失業保険も貰えません。

しかも、収入がなくなるだけでなく治療費も掛かってくるかもしれませんよね。

通帳から残高が減っていく生活が始まったら、あなたはどうしますか?

働けなくなったらどうする?

そうです。タイトルの○○なくなったら・・・は働けなくなったらです。

働けなくなったら・・・この状態が一番お金が掛かることを、あなたはご存知でしょうか?

先ほども書きましたが、大病などで働けなくなったら収入がないにも関わらず治療費も掛かってきます。

しかも、そうなる確率は今回のコロナのような事態が起こるよりも、ずっと高いんです。

そんな時に困らないようにする方法があれば知りたいですか?

知りたければお伝えしますので問い合わせて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

ABOUT US

知っているだけで、ちょっと幸せになれる情報を発信していきます。お金の事、健康のこと、考え方などなど。 言葉が変われば人生が変わる。人生をもっと楽しみたい、そんなアナタのお役に立てれば幸いです。