応援してるで岩田稔投手!

Pocket

毎度!

今年のプロ野球(セ・リーグ)は、巨人が強すぎて面白くないと言いながら阪神の試合結果を気にしてしまうかっつんです。

阪神って弱くてもなぜか応援してしまうんですよねー。なんなんでしょ。

今年は大山選手がホームラン王争いをしているので、なんとかタイトルを獲って欲しいなと思っています。

そんな中で、長らく応援している選手がいます。岩田稔投手ご存知ですか?地味にローテーションの狭間を埋める渋い活躍をしてくれる選手です。

岩田稔投手の経歴

西の名門、大阪桐蔭高校で2年生の秋からエースナンバー1を背負います。甲子園の出場経験こそありませんが、その後は関西大学に進学し逆指名で阪神に入団。今に至ります。

この経歴だけを見ると野球エリートやんと思うんですが、実はめちゃくちゃ苦労人なんです。

その苦労を知ってから、岩田投手を応援するようになりました。それまでは、ディスってたりしてたんですけどね・・・。岩田投手ごめんなさい。

1型糖尿病

1型糖尿病って知ってます?生活習慣病である2型糖尿病と違って、突然発症したりする原因不明のやっかいな病気です。

このやっかいな病気を高校2年生の時に岩田投手は発症してしまいます。なんでも、風邪を引いた時のウイルス感染が原因だそうです。

高校卒業後は社会人チームで野球を続ける予定だった岩田投手、しかしここで大きな挫折をしたんです。

なんと、卒業後に加入する予定のチームからお断りされてしまったんです。「糖尿病の選手は要らない」って・・・。

こんなん言われたら普通は荒れてしまいそうなんですが、岩田投手は違いました。もちろん落ち込んだりしたとは思いますよ?

でも、切り替えたんですって「大学行って卒業するときには、断ってきたとこよりもええとこ入ったる」って。

このハングリー精神を持って野球に取り組んだ結果、プロへの道が拓けたそうです。だから、糖尿病になって良かったとまで言っているんです。

凄くないですか?病気になったのが良かったと思えるって。

インシュリンを毎日打ち続けないといけないんですよ???打つのを忘れたら命に関わるような病気なのに感謝できるって凄いなって思いました。

糖尿病患者へのサポート

実は岩田投手は、「岩田稔基金」なるものを設立して1型糖尿病根絶を目指す研究機関に助成金を寄付しているんです。

野球シーズン中に1型糖尿病の患者さんやそのご家族を甲子園球場に招待したり、シーズンオフには、遠方の1型糖尿病患者さんに会いに行ったり交流を積極的にされているそうです。

なにより、糖尿病患者というのが岩田投手の原動力となっているようです。

「患者でプロ野球選手は今、僕しかいない。『(糖尿病でも)ちゃんとできるよ』というのを見せたい」とインタビューで答えています。

たぶんですが、持病を抱えてスポーツをするのってかなりキツいハズなんですよね。ましてや、岩田選手はプロ選手。しかも、15年も一線で活躍しています。

最近は2軍の方が長くなってきていますが、それでも1軍に呼ばれたときに結果を出せるのは腐らずに練習に取り組んでいるからだと思います。

こんな選手、応援するしかないでしょ?

これからも、長く現役を続けて1型糖尿病の患者さん達に勇気を与えて欲しいと思います。「(病気に)負けるな」、「(病気でも)できるよ」ってメッセージを送り続けて欲しい。

これからも応援してます!頑張れ、岩田投手!!

今回も最後までお読み下さりありがとうございました。

ABOUT US

知っているだけで、ちょっと幸せになれる情報を発信していきます。お金の事、健康のこと、考え方などなど。 言葉が変われば人生が変わる。人生をもっと楽しみたい、そんなアナタのお役に立てれば幸いです。