1回きりの人生だから、自分が主役になろう

Pocket

f:id:sihoryo:20191018111938j:plain f:id:sihoryo:20191018112011j:plain

こんにちは!

京都の幸せ配達人、かっつんこと勝浦 豊です。

42才後厄、へび年のO型です。

へび年の特徴として自分をさらけ出すのが苦手な秘密主義というのがあるそうですが、

僕にも当てはまっていると思います。人見知りですから(笑)

ただ、ここでは自分をさらけ出して、普段考えていることや

日常で起こった出来事を書き綴っていきたいと思いますので宜しくお願いします。

 

今回は、なぜ僕が急にブログを始めようと思ったのかを書きたいと思います。

実は、半年前に師匠と呼べる方と出会いました。

この出会いにより、自分を見つめ直す作業を始めたその一環です。

半年間もブログをやらずに放置していたので、

「お前、今まで何してたんだ!!」

と怒られそうですが・・・。

 

では、なぜ自分を見つめ直そうと思ったのか。

僕はずっと営業の仕事をやってきました。

もともとは、人見知りのため初対面の人と話すのが大の苦手。

何か話さないと・・・って思えば思うほど、何を話せばいいのか分らなくなり

頭が真っ白、言葉が出てこない人間でした。

そんな自分を何とかしたいと思いました。

営業ならば、人と会うのが仕事やん、

そんな環境に自分を追い込めば、変われるはず!!と志望したのが始まりです。

 

営業職として入社した広告代理店では、最初全く上手くいかず、

「お前はコミュ障か!!」

と支社長に罵倒されながらも、多くのお客さまに支えられ、励まされ、

仕事を教わりながら成長させて貰いました。

結果、広告代理店で西日本1位の成績を納め、表彰されるまでになりました。

このころの僕の仕事への考え方は、営業本に書いてあるような自分を売りこめ!!

なんてモノには猛反発していました。

自分を売り込む必要なんてない。商品がよくて自分がお客さまの悩みや困り事の

解決を手伝ったりフォローしていれば買って貰える。

「そもそも自分のこと話すの苦手やし・・・。

人見知りの俺でも1位獲れたんやから、自分を売り込めたら良いかもしれんけど

できひんくても大丈夫なはず!」

と苦手なことをするよりも、得意な分野である話をじっくりと聴き、問題点を共有したり、解決策を考えることに注力していました。

 

結果を出していたからか、1本の電話をもらいました。

それは、転職した元上司からの電話でした。

「勝浦か?聞いたで!相変わらず頑張ってるみたいやん。近々、飯でもどうや?」

こんな軽い感じで誘われたので、2つ返事で了承しました。

そこで、生命保険会社のスカウトをうけます。笑

「え?先輩の転職先って保険会社なん?

保険って嫌いねんけど・・・。適当に切り上げて帰ろう。」

引きつった笑顔を浮かべながら、こんなことを考えていました。

しかし、話を聞いてみると

「売った分だけ給料に反映する。仕事も好きな時間にやればいいから」

とのこと。

マジで?時間自由なん?出社もせんでいい?

しかも売れば売るほど報酬もらえるって・・・夢のような仕事やん?

そう思いました。

この当時の僕は、終電で帰るのは当たりまえ。土日も仕事の事で考えたり

作業することも多く、気が休まる暇がありませんでした。

嫁にも、

「うちは母子家庭みたいなもんやから」

と言われる始末・・・。

子ども達の成長を見守ることもできず、何のために仕事をしているのか分らなくなって

きていました。体力的にも何時までもこのままの働き方はできないよな…って。

 

そんな時にこの話を聞いたので、テンションが上がります。

これなら、子どものイベントにも参加出来る!!

休みの日も一緒に出かけられるぞ!!と思いました。

もう、休日に仕事でお出かけキャンセルして

子どもの悲しそうな顔を見ることはないとテンション上がりましたさ!!

で、転職をしたのですがここで問題が発生します。

 

会社の教えが気持ち悪い・・・。

活動量が大事だ!とにかく人に会え!!歩いてる人は全て見込み客だと思え!

とりあえず電話しろ!飛び込みしろ!!・・・etc

どう思います?

僕はアホかと思いました。

だって、興味がない人に保険の話を聞かせるって、

相手からしたらめちゃくちゃ嫌じゃないですか?

時間を返せ!って僕なら思ってしまうかもしれません。

じゃあ、話を聞いてみたいって思って貰うにはどうしたらいいのでしょうか?

僕は、しつこいセールスや相手の嫌がることをしたくないので、興味がある人にしか

話をしたくありません。お互いに時間のムダですから。

もしかしたら、年金2000万円足りない問題が解決しちゃうかもって話もありますが、

興味のない人からすればどうでもいい話ですから。

後で聞いとけばよかったとなっても、選んだのはその人ですからね。

 

こんな風に仕事をしたいのですが、会社はやり方を教えてくれません・・・。

(活動量だ!!とりあえず人に会え!

テレアポ、飛び込みという迷惑行為しか、知らないのかもしれません)

どうしたら、いいんだろう?誰に聞いたら教えてくれるんだろう?

ともがいていたときに出会ったのが、五十田三洞師匠です。

僕が、疑問に思っていた会社のやり方を

バカじゃねえの?だから売れずに辞める事になるんだよ!!

と真っ向否定されている方です。

この方の教えに、

「商品は自分自身。保険なんて商品自体には魅力がない。

なぜキミから入るの?そこを言えるようにしなさいよ。

キミの強みは何?自分の強みを提供できる人がお客さんになれば

お互いWin-Winでしょ。」

ともの凄くシンプルだけど深い教えを受けました。

ここから、僕の強みってなんだろう?

自分はどんな人間なんだろう?何を周りの人に与えられるんだろう?

って考え始めます。

自分を売り込む必要はないって思ってたんですが、結局、人と人との関係では自分を

知ってもらえないといけない。

自分を売り込んでないつもりでしたが、お客さんからすれば、

自分の会社のことのように真剣に考えてくれる。

話をちゃんと聞いてくれ、自社に合わせた解決策も考えてくれる、という人柄を

意識せずに売り込んでいたんだよと指摘され初めて気づきました。

 

このように、自分で気づかないこともあるので文章にしていくことで

改めて気づくことや、もし読者の方で指摘下さる方がいれば大変嬉しく思います。

僕の人生は僕が主役、自分らしく楽しく生きるために今日も全力で行きます!

最後までお読みいただき、有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

知っているだけで、ちょっと幸せになれる情報を発信していきます。お金の事、健康のこと、考え方などなど。 言葉が変われば人生が変わる。人生をもっと楽しみたい、そんなアナタのお役に立てれば幸いです。