ちゃんと家事だって出来るもん!!

Pocket

 毎度!

京都の幸せ配達人、勝浦 豊です。

いきなりですが、僕の家には晩ごはんに関してのルールがあります。

晩ごはんがいるときは、いるって連絡する。

それだけの単純なルールです。

最近、帰宅時間もいれるようにと通達が出ました。(汗)

今日も、晩ごはんお願いと17時過ぎに嫁にLINEしました。

お客さんとのアポが終わった20時、まだ既読がつかない・・・。

これは・・・、ご飯ないパターン?

たまに(週1回くらい)、こういうことがあります。

嫌な予感がしながら帰宅し、「ただいま」と言いながら

家のドアを開けると真っ暗・・・。

誰もおらんのかい!!と、一人暗闇にツッコミを

いれときました。

小梅太夫の“ちっくしょー”が上手く出来そうな心境です。

弁当買ってきといてよかったー。

靴を脱ぎ、リビングに入りテーブルに弁当を置きます。

ネクタイを緩めながら、ベストとスラックスをハンガーに掛け

部屋着に着替えていると、ピロ~ンと嫁からLINEの返信が。

「ごめーん。気づかんかった。子ども達連れて

友達の誕生パーティー行ってます!テへペロ」

テへペロじゃねぇよ!と内心で思ったことは内緒です。

誕生パーティーか・・・。俺は弁当と味噌汁(あさげ)やのに。

でも、美味しいからいいかと思いながら完食。

お椀を流しに持って行くと、この惨状。

f:id:sihoryo:20191101231623j:plain

ええ、分っていました。

味噌汁作るのにお湯を沸かしてる時から・・・。

 

ここで、僕の頭には2つの選択肢がありました。

①ご飯を食べてから洗い物をする  ②見なかったことにする

しかし、見なかったことにするという

選択肢は僕にはありませんでした。

最近聞いたことがあるなこれ、と思いながら袖をまくり

スポンジに洗剤をつけ食器を洗い始めます。

こういった洗い物や洗濯といった家事、

以前は全くやりませんでした。

全くやる気もなかったので、

めちゃくちゃ非協力な旦那だったと思います。

では、なぜやるように(出来るように)なったのか。

 

それは・・・、プチ単身赴任を経験したから。

一時期ですが、社員寮で暮らしていました。

共同生活みたいな形でしたが、洗濯や料理、

洗い物も全て自分でしなければいけません。

これが結構大変でした。

今まで当たり前にしてもらってたけど、当たり前じゃなかったんだ。

こんなに大変なことを毎日してもらってたのかと感謝の気持ちが

芽生えました。

それからは、家に戻ってからも出来る範囲でやるようにしています。

だから、今日も洗い物をする時間があるのでやっておきます。

キレイな方がみんなも気持ちいいですし。

量が多く、洗い物を乾かすスペースが一杯になったので全部は

無理でしたがシンクの掃除もしておきました。

f:id:sihoryo:20191101231657j:plain

キレイになってません?

たまにやったくらいで調子に乗るなという奥様方からの

お叱りはあるかもしれませんが、

男はおだてた方が言うこと聞かせやすいですよ。(笑)

今日は家事を全くやらなかった僕が、心を入れ替えて

お手伝いが出来るようになったキッカケについて書いてみました。

最後まで読んで下さりありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

知っているだけで、ちょっと幸せになれる情報を発信していきます。お金の事、健康のこと、考え方などなど。 言葉が変われば人生が変わる。人生をもっと楽しみたい、そんなアナタのお役に立てれば幸いです。