お医者さんを信じたらダメ?

Pocket

毎度!

京都の幸せ配達人、勝浦 豊です。

宜しくお願いします。

今日は、僕が仕事柄、勉強したり実際に聞いた医療現場の実際をお伝えしたいと思います。

初めて知ったときには、「これ知らんかったらヤバい!」と思った内容なので少しでも知識としてお役に立てれば幸いです。

f:id:sihoryo:20191107192657j:plain

まず、想像してもらいたいんですが、

あなたが口の中に違和感を感じていて、病院へ行きました。そして、検査をしてその結果を聞くために

診察室で先生と向かい合っています。

イメージできましたか?

 

ここで先生が口を開きます。

「〇〇さん、検査の結果が出ました。

結果から申し上げると、良くない結果です。

悪性腫瘍が舌に見つかりました。

いわゆる、舌がんです。」

そう告げられたあなたは凍りつきます。

「せ、先生、どうなるんですか・・・?

かなり悪いんですか?」

震えながら聞くと、

「比較的、初期の段階ですし手術で悪い部分を取り除けば大丈夫ですよ」

と先生から頼もしい言葉が返ってきます。

「良かった・・・。じゃあ、手術したら大丈夫なんですね?それで、お金って結構かかるんでしょうか・・・?」

治りそう、死なないと分ったら、次はお金が心配ですよね。

すると、先生からこんな言葉が。

「安心して下さい。手術は健康保険の範囲で行うつもりです。一概には言えませんが、そこまで費用は掛からないと思います。

ちなみに、ガン保険はご加入ですか?」

これ、ガン保険の加入の有無を必ず聞くそうです。

ガンはお金が掛かりますよ。保険が大事です!!ちゃんと入ってますか?

そんな事を言いたいんじゃないですからね!

 

もしも実際に、あなたの身にこんなことが起こったらどうします?

 

先生の言う通りに手術しますか?

病気のことよく分らんし・・・。お医者さんの言うこと

聞いてたら間違いないんとちゃうん?

多くの方は、そう考えると思います。

実際、僕もそのように思っていました。

このことを知る前までは・・・。

 

じゃあ、ここでもう少し突っ込んでみます。

あなたは、こんな質問を先生に投げかけます。

「ガンで舌を切った後は、普通に生活できるんでしょうか?」

どうですか?治るのであれば、その後の生活に支障が出ないのか気になりません?

 

すると、先生はこう言います。

「まあ、舌を3/4切るので生活に支障はもちろん出ます。

具体的に言うと、発音がしにくくなるので話をするのが困難になります。

あと、飲み込みも悪くなるので噛むのが大変になることもあります。誤嚥には気を付けて下さいね。

それと、味覚がなくなります。何を食べても、味を感じなくなります。

今までに食べた、味の記憶を思い出しながら食事をしてもらったらいいと思います。」

こう言われたら、あなたならどう感じます?

 

言うても、想像やろ?

実際にこんなん言われへんやろって思いますか?

これ、実は僕のお客さんが実際に言われた話です。

 

もう1度聞きます。

先ほどのように先生から告げられたら

あなたはどうしますか?

 

今日、お伝えしたかったのはこの部分です。

先ほどのお客さんは、僕に相談してこられました。

その結果、舌を切除することなく、今でも元気に

お話もされますし、美味しく食事もされています。

繰り返しますが、僕に相談してねって言いたいんとちゃいますからね?

僕は医者じゃないんで相談されても答えられることには限度があります。

何が言いたいかというと、先ほどのようなことが起こった場合、あなたの保険担当者は相談できる人ですか?と言うことです。

相談しても、分りました!請求書類送っておきますね。みたいな人だと論外です。

あなたが治療に不安がある、もしくは治った後の後遺症を心配しているなら、

「他に治療法があるかもしれません」という知識を持ってる人かどうかが一番大事です。

だって、先生の言う通りにするのが一番だと思ってしまう人が多いから・・・。

そこでアドバイスをしてくれる担当者を是非見つけて欲しいと思います。セカンドオピニオンしましょう!なんかじゃダメですよ。

なぜ、セカンドオピニオンだとダメなのか?

勉強していて驚いたんですが、ここ大事ですよ!

1番のポイントです。

 

医療の世界にも「ガイドライン」がある!!

こんな風に治療計画しなさいという決まり事があるんです。

ガンの場合は、3大治療と呼ばれる

・手術

抗がん剤

放射線

この治療以外を患者さんに提示してはいけないことになっているそうです。

先進医療とか聞いたことがあると思いますが、その治療を提案されることは100%ないんだとか。

なぜなら、責任が持てないから。

ガイドラインに沿わない治療をすると、病院も医師会も守ってくれません。

何か事故があったら、全部担当医のせいになる。

それが怖いので、これ以外を奨めることが出来ないのです。

だから、もし先進医療で効果がでるかもしれないと思っても先ほどの3大治療しか医師は提示出来ないのが実際です。

だからこそ、こちらに知識がなくお医者さんの言うがままに治療をしてしまうと治った後で、生活の質が大きく低下してしまうことになりかねません。

これって、怖くないですか?

知っているか知らないか。知識がある人がそばにいるかいないかで、その後の人生がガラっと変わるんです。

 

話が出来ず、何を食べても味を感じない人生と

楽しく話が出来て、美味しいモノを食べれば美味しいと感じることが出来る人生。

あなたはどちらがいいですか?

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

f:id:sihoryo:20191107194131j:plain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

知っているだけで、ちょっと幸せになれる情報を発信していきます。お金の事、健康のこと、考え方などなど。 言葉が変われば人生が変わる。人生をもっと楽しみたい、そんなアナタのお役に立てれば幸いです。