コロナで騒ぐのはもうやめた方がいいかもしれない

Pocket

毎度!

フォローしている方のインスタグラムの投稿が素敵すぎて朝から泣いているかっつんです。最近、涙腺が弱くて困っているんですがこれも老化ってやつなんでしょうか?

感動したプラス考えさせられる内容だったので、少し書かせてもらいます。映像ではなく文章なのでどこまで伝わるか分かりませんが少しでも伝えたい。

認知症の母の話

主婦のA子さんは認知症のお母さんと家にいた。お母さんは認知症。

外の木にとまっている鳩を見て、お母さんが「あれは何?」って聞いてきた。

A子さんは「鳩よ」って答えた。数分後、またお母さんが「あれは何?」って聞いてきた。「さっき言ったじゃない鳩よ」って答えた。

さらに数分後、またお母さんが「あれは何?」って聞いてきた。A子さんは我慢が出来なくなって怒鳴った。「鳩って言ってるでしょ!!!!」

お母さんは黙りこんだ。その翌週お母さんは亡くなった。

葬式後、A子さんはお母さんの部屋で古い日記を見つけた。

たまたま開いたページにこう書いてあった。

『2才のA子は何でも私に聞いてくる。今日は木にとまっている鳩を見て「ママ、あれは何?」って何度も聞いてきた。私はその都度、「鳩よ」って言ってA子を抱きしめた。』

『A子、今日も幸せなひとときをありがとう。あなたと親子であることがママは幸せだよ』

これを読んでA子は後悔の涙を流した。もっとお母さんに優しい言葉をかけておけばよかったと…。

あなたは大切な人にどんな言葉をかけたいですか?

このような内容でした。Nさんいつも学びをありがとうございます。これが、めちゃくちゃ刺さったんですよね。

身近にいる人って近すぎて大切にできていないことがあります。実際、僕はそんなところがありました。

身近な人でないお客さんには、めちゃくちゃ気を遣うのに家族には気遣いすら出来ない…そんな人、あなたの周りにもいませんか?

すいません、前置きが長くなりました。本題に入りましょう。今年は、ずっとコロナウイルスに振り回されてきましたよね。

みんな気づいてるん違う?

ロックダウンまでは起こりませんでしたが、外出自粛など経済活動に対して制限を掛けることでコロナの感染拡大を抑えることに努力してきました。

ニュースを見ていると、日本においてコロナの抑制についてはある程度、成功していると言っていいのではないかと個人的には考えています。

感染者数は多いかもしれませんが、この検査基準に不透明感があります。お亡くなりになられた方には申し訳ないですが、コロナの感染が始まってからの死亡者数が約1900人と多くないんです。

毎年流行するインフルエンザで亡くなる方は約10,000人です。海外では多くの方が亡くなられているところもあります。

しかし、日本においては医療現場の方の頑張りや、衛星面での徹底することで死亡率という点では成果が出ているんです。

それなのに、コロナを抑え込むことは大切だと思いますが騒ぎすぎやないですかね。一時、僕もコロナを抑えるためなら自粛でもなんでもやったらええと思ってました。

でも、ここまでの流れを見ていると考え方も変わってきました。だって、コロナはなくならないから。

インフルエンザと同じで、これからも付き合っていかないといけないウイルスになったんだと僕は思います。

最初に流行したコロナウイルスと今のウイルスでは違うと思いません?たぶん、進化してますよねウイルス。

それならば、ワクチンの開発を急ぎインフルエンザの様に罹ったとしても重症化しないようにする。ウイルスと共存しながら、普段通りの生活が出来るようにすることが大切なんではないでしょうか。

経済をとめると酷いことになる

コロナ感染が始まってから、ずっと経済を停滞させるなと主張してきた方々がいます。その人たちの根拠もコロナウイルスは致死率が高くない。

危険性があるのは基礎疾患のある高齢者にほぼ限定されている。それよりも経済が停滞することで、倒産・失業が増えることの方がヤバい!2018年の増税から日本経済は後退している。

ここにコロナで経済をとめると壊滅的なダメージを日本は受ける。企業の倒産や失業が増えると自殺が増えるって主張されてる人達がいました。

当時は、「なるかならんか分からんこと言うな!!」とか「今コロナを抑え込むことが大事。高齢者は切り捨てるみたいなんよくない」なんて見当はずれな意見で叩かれていました。

今となっては、言ってた通りになってるやん…って状況ですよね。コロナの感染者については、しつこいくらい報道されますが、自殺者については最近になってやっと言い出した感じですよね。

僕も最近になって統計データを知りヤバいと思い始めた一人です。

これが今年の統計だそうです。7月からの伸び凄くないですか?10月は急激に増えていますし、女性の増加が目立ちます。今年に限って言えば、子どもや女性の増加が目立つそうです。

これは、女性の雇用の不安定さが浮かび上がってきますよね。不景気だから、非正規雇用の解雇や勤務数の削減が行われる。非正規で働いている女性がいかに多いのか。

また、医療・介護や飲食・接客などのサービス業、観光業といったコロナの影響をモロに受けた業界が女性の多く就業しているところってことも大きいんでしょうね。

身の回りではここまでの状況を感じていなかったんでマジか!?という驚きがありました。

ニュースでは感染者数の発表ばかりで、自殺者は取り上げません。感染はコロナが原因なのは明確やけど、自殺はコロナのせいかどうか分からないってことでしょうか?

去年まで減っていた自殺者数が今年になって急増しているのにコロナが関係ないなんてあり得るのかな?という風に思うんですが…。

ステイホームの良し悪し

家族仲がいいところは家族との時間が増えたとか、会社で上司のパワハラを受けずに済んだなんてプラスの話が多くなります。

でも、逆に家に問題があるところはどうなるんでしょ?

DVなどの虐待、育児放棄、両親の不仲など家にいる方が苦痛の子ども達にとって、ステイホームはただ逃げ場を失っただけだったんやないんかなとか思うわけです。

ステーホームって天国やーって人がいる一方で、ステイホームが地獄やと感じる人がいることも知らないといけないんですよね。

だって、今年に入って女性だけやなく子どもの自殺も増えているらしいんです。学校に行けなくなったことで逃げ場や発散する場がなくなったのかと思うと胸が苦しくなります。

そして自殺が増えたのって家に閉じこもっていることも良くないんじゃないのかと…。仕事を含め、将来に対しての不安が、一人でいると募るんじゃないでしょうか?

誰かがそばにいてくれるだけで元気になれることもありますよね?家にずっと一人だと、外部との繋がりがなく自分は世の中に必要じゃないのかもなんて気持ちが落ち込み鬱になるのかもしれません。

今年、芸能人の自殺が多かったのはそういうこともあったのかもしれません。本当のところは分かりませんけど…。

コロナを予防することはもちろん大切です。自分は無症状でも、家族に高齢の方がいればうつしてしまい大変なことになるかもしれないからです。

その一方でコロナに過敏に反応しすぎると、ただでさえ落ち込んでいる経済が更に落ち込み、失業者が増えて自殺者がもっと増えることが考えられるんです。

失業率が1%上がると、自殺者が約2500人増えるってあるニュース番組では言っていました。しかも、この増える自殺者は若い世代だそうです。

コロナに罹って死亡した方の累計人数が約1800人(基礎疾患のある高齢者)。失業率が1%増えることでの自殺者の増加数が約2500人(現役世帯などの若い層)。

この現実を見たとき、対策するのってコロナの感染防止だけでいいんでしょうか?

消費税を一時的に0にしたりするなど、経済を活性化させるための動きが必要だと思っています。GOTOトラベルやGOTOイートなんか悪くはないですけど一時しのぎ感が否めません。

その政策の隙をついて詐欺みたいなことをする輩は本当にムカつきますけどね。

今回は、コロナの心配ばっかりするよりも経済を考える時期にきているんじゃないかって僕の考えを書いてみました。

あなたの考えも色々あるかと思いますし、あくまでここに書いたのは僕の考えです。ただ、あなたの周りで様子が少しおかしいなって感じる人がいたら注意して見てあげて欲しいと思います。

もしかしたら、心を病んでしまっているのかもしれません。声をかけることで、少しでも食い止められるなら素晴らしいことだと思います。

今回も最後までお読み下さりありがとうございます。

ABOUT US

かっつん
知っているだけで、ちょっと幸せになれる情報を発信していきます。お金の事、健康のこと、考え方などなど。 言葉が変われば人生が変わる。人生をもっと楽しみたい、そんなアナタのお役に立てれば幸いです。