コロナ自粛より大事なことあるやん!?

Pocket

毎度!

今週は暖かい日が続いたんで喜んでいるかっつんです。でも、大丈夫なんですかね地球!?11月にこんなに暖かいなんておかしいでしょ。

日中なんて暑かったですからね。これで、また冷え込んだりしたら・・・。

寒暖差に弱い僕は、すぐに風邪を引いてしまうでしょうね。

こないだ、コロナで騒ぐんやめーって事を書いたんですが、更にそのように思わせてくれる出来事があったんです。聞いたとき、マジでコロナの報道止めろって思いました。

その出来事は、僕の友人に起こりました。

保育園にて

友人は、今週末の3連休を利用してデイズニーランドへの旅行を計画していました。5才の誕生日を迎えた息子との旅行をとても楽しみにしていたんです。

そんな時にこのコロナの第3波(って言われてますね)がきて1日の感染者数が過去最高とかをやり出したわけですよ。

当然、友人も旅行に行けへんかもしれんってなって諦めのような気持ちが芽生えたそうです。家族にも行かん方がええみたいなオーラを出されていたそうです・・・。可哀想に。

僕にもどう思う?って相談をされたんで、「行けばいい」ってアドバイスしました。

マスクして飛沫に注意。消毒・手洗い・うがいは徹底。できる限り密にならんようにする。これを守れば大丈夫やろうって個人的には思っています。

なにより、5才になったばかりの息子と旅行に行けるのは今しかないんやで!!ってのが僕の意見でした。

「そうやんな。息子もめちゃくちゃ楽しみにしてんねん・・・。やっぱり、行くわ!」って決断した友人は偉い!!僕は心底そう思いました。いっぱい楽しい思い出を作っておいでやって思ってたんです。

この相談に乗ったのが、2日前の水曜日。次の日の木曜日の朝、保育園に息子を送った際、保育士のさんに旅行のことを伝えたそうです。

すると、「知ってますよ。息子さんが教えてくれました。最近ずっと言ってますよ、デイズニーランドに行くって(笑)」という言葉が返ってきたらしい。

「今、行かれたら困る」とか、「行くなら、しばらく来ないで欲しい」って言われたらどうしようって思っていた友人は保育士さんの言葉に感動したそうです。優しいなって。

そして、自分との旅行をそこまで楽しみにしてくれていた息子の様子を聞いて、旅行に行く選択をして良かったって喜んでいました。

そう、保育園に迎えに行くまでは・・・。

正直者は損すんの?

保育園に息子を迎えに行くと、保育士さんからこう告げられたんだそうです。

「(東京方面に)旅行へ行くなら来週1週間登園を自粛して欲しい」。頭が真っ白になったと思いますよ。え?朝、そんなこと一言も言わんかったやんって。

現実に考えて、仕事をしていて日中は家に居ないから保育園に預けるわけですよね。それなのに、1週間来るなってのは仕事を休めってことです。会社勤めなら、出来ませんよそんなこと。

そもそも、保育園からは事前にそんなアナウンスが無かったわけですよ。朝の登園時に伝えたときにも、そんな事言われてない。

だったら、その日のうちに保育園で相談して出た結論が旅行に行くなら登園させないって事だったと想像できます。脅迫ですよねこんなん。

友人も言ってましたよ。園の立場も分るよって。旅行に行ってコロナにもし感染していたらクラスターが起こるかも知れない。そうなったら、どんな管理してたんやって叩かれるのが怖いんやって。

ちょっと聞いた感じだと正論のように聞こえるんやけど、ちょっとおかしいと思いません?政府はGOTOトラベルを継続してるわけですよ。

都道府県をまたいで旅行しても、感染の拡大が激増するとは考えていないとかなんとか大臣も言うてる訳ですよね。

今日、菅総理がGOTO事業の一時停止を発表しましたね。個人的には最悪の判断ミスだと思っています。

「国民の命と生活を守る」って建前らしいですが、一刻も早く再開しないと国民の生活が崩壊し、コロナの死亡者とは比べものにならない自殺者が出る可能性が高いと僕は思います。

あくまでも、個人的な見解ですけどね。あながち的外れではないと思っています。

だったら、登園自粛とかいらんやんって僕は思うわけですよ。

今こんなご時世なんで、マスクなどの感染予防は徹底してお出かけ下さい。来週は登園前に体温を測って、37.5℃を越える場合はお休みして下さい。

発熱した場合、しばらく登園を自粛頂くかもしれませんがご了承下さいとかやと分るんです。なるかどうかも分らんのに旅行に行くだけで預かりませんってのはやり過ぎだと感じます。

その日、息子と一緒に大泣きしたそうです。「嫌やー!!楽しみにしてたのに・・・。絶対、行く!!!」って泣き叫ぶ息子に、「ごめんね、ごめんね」ってずっと謝っていたそうです。

息子と一緒に泣きながら、「ママが、もっと早くに言っとけば良かったな・・・。楽しみにしてたのにごめんね」って謝ってると、ひとしきり泣いた後はもうディズニーに行きたいって言わなくなったそうです。

あんなに楽しみにしてたのに。絶対行くって言ってたのに。大好きなママが泣いているのを見て我慢しようと思ったんでしょう。5才の子が・・・。

「久しぶりに新幹線乗りたかったね」って言うだけで、デイズニーのデの字も言わなくなったそうです。そんな息子を見て、更に辛くなったんですって。

保育園に言わんと旅行行ってたらよかったんかな・・・。感染者が出てない地域やったらよくって東京近郊はあかんとかって納得いかへん。

感染する確率なんて一緒やのに・・・って言葉に、そうやな以外の言葉を返せませんでした。

ウイルスは無くならへんよ

ここで見て欲しい図があります。

参照:外務省HP(各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況より)

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/country_count.html

上記の外務省HPによると、11/20現在の感染状況は感染者数125,267例、死亡者1,943人、入院治療者を要する者14,832人(うち重症者291人)、退院または療養解除者108,423人です。

日本は世界的に見れば感染をある程度押さえ込めているのが分ります。日本国内の旅行というよりも海外の旅行者の受け入れを解禁したのが感染拡大の原因かもって思わないんでしょうか?

この数字を見ると、コロナウイルスに感染しても日本ではほとんどの人が治っているのが分ります。

お亡くなりになられた方には申し訳ないのですが、自粛したり経済を止める必要が果たしてあるんでしょうか?

同じウイルスであるインフルエンザと比べてみるとよく分ります。

参照:インフルエンザ(総合ページ)厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/infulenza/index.html

比べると一目瞭然なんですが、感染者数めちゃくちゃ多いですよね。死亡者数も去年なんか3000人を超えています。

インフルエンザで騒がないのに、コロナではこんなに騒ぐってことに違和感をめちゃくちゃ感じるように僕はなったんですよね。

コロナは治療法もワクチンもないし、未知の部分が多いから怖いのは分ります。人間は知らないことを必要以上に怖がりますからね。

でもね、怖がる前に正しい情報を取りに行きましたか?って思うわけです。

テレビで、さんざん不安を煽っているコメンテーターに、あんたら数ヶ月前に言ってたことって、どんだけ的中してんの?って問うてみたいです。

コロナウイルスがこれだけ拡がった以上、共生していくしかないと思います。抑え込めるのであれば必死になることも大事かもしれません。でも、ウイルスを無くす事なんて無理でしょ?

そんなことが可能なら、インフルエンザも風邪も世の中から無くなっていてもおかしくないですもんね。

だからこそ、完全に無くならへんのなら経済を止めることなく、普段通りに生活できるよう共生の仕方を考えた方がずっといいんじゃないかと思うんです。

そうしないと、子どもが可哀想ですよね。いつまでも出歩くなとか、旅行に行くななんて無理な話です。

共生を考えないで、「コロナウイルスが収まるまで自粛が必要!!」なんて騒いでいたら、一生自粛生活になりますよ。

そうすると自殺者がエグいことになるでしょうね。すでに、ANAやJTBが人員の削減やボーナスの100%カットなどを発表しています。

これから、どんどんそういった企業が増えてきそうです。あなたの会社も例外じゃないかもしれませんよ?

メディアの報道が全て正しいわけじゃないと思うんです。報道を鵜呑みにするんじゃなくて、自分の頭で考えたり情報を取捨選択できないと大変な事になります。

感染者の数字なんて操作しようと思えばいくらでも操作出来るんですよ。検査数を少なくするとかね。僕の住んでる京都なんて正にそうだと思ってます。

大阪、兵庫が過去最多の感染者がでたとか騒いでるのに京都だけ一桁少ないってあり得ます?隣接して京都だけ感染者が極端に少ないっておかしいと思いません?観光客もいっぱい来てますよ?

こんな違和感があるのにメディアの報道だけ信じるなんて僕には出来ません。もちろん、個人的な考えなんで否定的な意見もあると思います。あくまで、僕はこう思うってだけです。

友人が受けた対応にかなり腹が立ったので前回に引き続いてこんなこと書いちゃいました。子どもの楽しみを奪っちゃいかんです。今回も最後まで読んで下さりありがとうございました。

ABOUT US

かっつん
知っているだけで、ちょっと幸せになれる情報を発信していきます。お金の事、健康のこと、考え方などなど。 言葉が変われば人生が変わる。人生をもっと楽しみたい、そんなアナタのお役に立てれば幸いです。