要請はするけど補償はせえへんの!?

Pocket

毎度!

外回り中、見上げると青空が広がるいい天気なんで、伸びをしながら気持ちいいって言いたいとこなんですが、寒さに震えすぎて「ぎぼちいい」になっちゃったかっつんです。

相変わらず、寒いの苦手です…。今年って、いつもより寒くないですか?そう感じるのは、僕だけなんかな~。

昨日、再び緊急事態宣言が発令されましたね。1/8~2/7までの1ヶ月間、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県が対象になります。

僕が住む京都を含め、大阪、兵庫も緊急事態宣言の対象になるよう申請を検討してるようですね。

前回もそうですが、今回の緊急事態宣言を聞いていると違和感がありまくり。

なんでそうなんの?それって意味あんの?って事が多いのでもう書いちゃおうと思います。

緊急事態宣言の対象は?

今回の緊急事態宣言の趣旨はこちら(新型コロナウイルス感染症対策)

要は、クラスターを始めコロナ感染は飲食店で起こる事が多い。(東京の感染者の6割程度を占めるる経路不明の感染の多くが飲食によるものと考えられている)

だから、経済活動への影響を最小限に抑える為に飲食業界に絞って対策しますよって事みたいです。

具体的には、飲食店に行く人の流れを制限する、営業時間の短縮、夜間の外出自粛の要請、テレワークの推進など。

この発表を聞いて思いました。これって、本当に効果あんの?

「やらへんよりはマシ」って言う人もいるかも知れませんが、僕はやらへん方がマシちゃうんって思います。

もっと言うと、ホンマにちゃんと考えたん?って。もう、お願いは聞き飽きましたよ。あんた達は、給料変わらへんから気軽にお願いできるねん。

「強制やなくて、お願いしてるだけやから補償は要らないよね!?」っていうスタンス、そろそろやめませんか?

緊急事態宣言中、営業時間の短縮要請に協力すると協力金が支給されますが、時短要請は居酒屋含む飲食店、喫茶店、バー、カラオケ店などに絞られるそうです。

パチンコ店やゲームセンター、映画館、劇場、運動施設などは協力の呼びかけだけなので協力金も対象外だとか。

なぜ飲食業界だけ…

こんな声が飲食店からも、飲食以外の店からもでているそうです。実際に置かれた立場によって感じ方は違いますからね。

飲食店からすれば、緊急事態宣言前から時短営業の要請にも応えてきた。売上げが落ちている中、頑張ってるのに、この業界だけに絞って要請してくるなんて…。客離れが加速したらどうすんねんって思うかもしれません。

一方で、飲食以外の業界からすれば、時短要請の対象になることで協力金が貰えるやん?他の業界もお客さんが減ってるのは一緒。

それやのに、今度は要請のお願いとかだけで協力金は出へへんてどういうこと?なんで、飲食店ばっかり支援するねん!って思っているかもしれません。

これ、どっちの考えも分るんですよね。別にどちらの意見も間違ってないですしね。

これ、解決策って国が補償するしかないと思うんです。国民が困ってるんやから、きちんと補償も含めて考えるんが政治家のしごとやないの?って。

経済対策とかいうならまずは、廃業せんとあかんかもって不安と戦いながら頑張っている人達の声に耳を傾けましょうよ。

コロナウイルスって夜行性ですか?

なぜか、コロナ対策の度に出てくるのが午後8時というワード。

今回も、午後8時以降の外出自粛や、時短要請も午後8時までです。午後8時を過ぎたらコロナウイルスが活性化するという根拠がどこかにあるんでしょうか?

コロナウイルスは昼間は大人しくしている夜行性なんでしょうか?

夜の飲み会で、感染するケースが多いと予想されるからって、単純な理由ではないと思いたいです。本当のところはどうなんでしょうね?

コロナ感染の第2波があった去年の8月にも時短要請がされました。その際に目覚ましい効果がでていたのであればいいと思いますが、あまり効果はなかったみたいです。感染者数は横ばいやったそうですから。

飲食中はマスクを外すので、酔って唾をまき散らして話すのを防ぐのが目的なら、時短をするよりお店に入れる人数を制限したり、座席も映画館みたいに一席空けるとかにした方が効果的なような気がします。

こんな対策をしても無視する人は出てくるんでしょうけどね。

第3波は冬場だから起こった

色んな人が言ってますが僕もその通りやと思います。

だって、インフルエンザが流行するのも毎年冬場でしょ?冬はウイルスにとって過ごしやすい季節なんですって。

なんでも、15℃以下の気温と40℃以下の湿度だとウイルスは表面の水分を失い空気中に浮遊しやすくなるそうです。湿度が高いと水分を吸って重くなるので長くは浮いてられないみたいですね。

また、冬場の環境は空気中に長く浮いてられるだけやなく、生存期間もながくなるそう。まさに、ウイルスにとって極楽な環境が冬なんですね。

また、人側にとっても、身体が冬の気温や湿度に追いつかず、感染しやすい状況になります。

まず、低い湿度と冬場は水分の摂取量が少なくなるので、気道の防衛機能が上手く働かなくなり、ウイルスが体内へ侵入しやすくなります。

また、体温が1℃低下すると、人の免疫力って30%もダウンするそうです。30%ですよ!?ビックリしちゃいます!!

冬がきたらコロナ感染が広がるって、有識者の人も言っていたのに、ニュースでは一切取り上げないのは何なんでしょう。

GOTOやめても収まるどころか、感染者数はどんどん増えてましたよね。なんなら、GOTOやめてからの方が増えてるやん!?て思ってました。

なんやかんや言うって、たぶん一回くらいは皆コロナに感染してる説の方が僕は納得出来るんですけどね。だって、圧倒的に無症状の方が多いらしいですから。

何が言いたいかというと、痛みを伴うお願いを国がするなら補償もセットでやれよってことです。お金をあんまり掛けたくないから飲食だけに限定するから変なことになるんですよ。

飲食店じゃなくても、飲食に関わる業者さんも売上げは落ちてますよ?政治家は、給料が減らないから、関係ないんですか?

こんな時こそ、紙幣を刷って国民の生活の補償に予算を使うべきなんですけどね。

愚痴になりそうなんで今日はこの辺で…。

今回も最後まで読んで下さりありがとうございました。

ABOUT US

かっつん
知っているだけで、ちょっと幸せになれる情報を発信していきます。お金の事、健康のこと、考え方などなど。 言葉が変われば人生が変わる。人生をもっと楽しみたい、そんなアナタのお役に立てれば幸いです。