ワクワクを探しに行こう

ワクワクを探しに行こう

Pocket

毎度!

最近、脱毛の案内メールがやたらと送られてくるかっつんです。個人情報が洩れているんじゃないかと心配になるくらいです。確かに脱毛とか気になるけど(笑)

今回は、ここのところ読んでいる本について書いてみます。

「SOURCE(ソース)」という本で、筆者はマイク・マクマナスさんという人です。

この本が凄い!!本当に凄いんです!!!

ソースという本は、僕のつまらない固定概念や思い込みをブチ破りにきた、まさに黒船でした。

突然ですが、質問をさせて下さい。とても大切な質問です。

「あなたは今、人生にワクワクしていますか?」

仕事、家庭、友人、趣味、お金、健康といったあなたの人生にとって必要なモノ全てがバランスの取れた状態になっているでしょうか?

それとも、イライラしたり精神的な不安を感じているバランスを欠いた状態ですか?

心安らぐ家庭や恋人、健康な体があり、ストレスを上手く処理してため込まず、食べるのに困らない収入の道があれば、自分の好きなことを安心して追求できます。

仕事にも打ち込めます。その上、好きなことを一緒に楽しめる友人がいて、自分の仕事や活動が多くの人を幸せにしていると感じられたら、どんなに嬉しいでしょう。

とは言え、急にこんなことを聞かれても困りますよね。特に、ワクワクがハッキリと見つかっていない人にとっては焦る質問です。

ええ年してワクワクって何言うてるん?とバカにされるかもしれません。

このように否定的な意見を言う人ほど、思うような人生を過ごしていないことが多いんじゃないでしょうか?

ソースの中でも「望み通りの人生や仕事が手に入らない理由は、私たちが誤った社会通念をうのみにしているからではないか」と問題提起されています。

あなたは自分の人生を振り返った経験はありますか?

僕はソースと出会うまでほとんどありませんでした。「過去は振り返らない」とかよく分からないことを言っていたような気がします。

しかし、ここにきて今の人生に満足できないのは信じてきたことが間違っていたのでは?という疑問を投げかけられたわけです。

大多数の人が信じているであろうことや、常識と呼ばれる考え方に疑問を持つのは怖いですし、勇気がいります。

だって、お前は逃げているとか社会不適合者やとか言われそうですもん。

だから、我慢するんですよね。そんな風に感じる自分の方がおかしいんやって思い込んで…。

そうやって「喜びのない、このつまらない人生から抜け出る道はない」と自分の人生を生きることを諦めていく。こんなのつまらなくないですか?

あなたの周りにいる成功者ってどんな人でしょうか。

僕たちが個人としても社会としても豊になるためには、プライベートな生活と境界がなくなるほどの楽しい仕事をし、精神的な満足感を成功の基準とし、無条件に人や社会に与え、右脳を活用して直観にしたがった生き方をした方がいいそうです。

自分が持って生まれたワクワクにしたがって生きていけば、かならず自分にふさわしい人物や状況が目の前に現れるのだとか。

気になりますね。

僕たちは生まれながらにしてワクワクの種を持っているようです。

ワクワクの種を大人になる段階で花開かせた人もいれば、水をやり忘れて枯らしてしまった人もいるでしょう。

大人の階段を上る途中で、ワクワクの種を見失ってしまった人は僕と一緒に探してみませんか?

次回は、探し方を学んでいきましょう。

今回も最後まで読んでくださりありがとうございます。今日も応援しています。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。