娘がPCR検査を受けることになりました

Pocket

毎度!

天気が良いとテンションが上がるセンチなガキのかっつんです。最近は天気が悪いんでテンションが上がり切りません…。

あなたはどんな時にテンションが上がりますか?

さて、GW中に突然娘の学校から電話がありました。休み中の電話ってビックリしますよね。しかも学校から。

一体何があったんや?

今回はそんな話をしようと思います。

濃厚接触者

電話の内容は、学校の生徒からコロナ感染者が出たという報告でした。それだけなら、別に休みの時に連絡せんでもええやんってところです。

本題は別にあって、娘が濃厚接触者ではないが保健所からPCR検査を受ける対象と言われていると先生から聞かされました。

PCR検査の対象者?濃厚接触者ではないのに?

そうなんです。こんなにコロナで騒がれていても、PCR検査って受けたこともないし感染の疑いも持ったことがないので実際のところ、どのように対応するのかって全く知らなかったんです。

自分の身に起きるまで、他人事って思ってしまうのは良くないですね…。

こうなって初めて、少し真剣に調べ始めます。

まず、濃厚接触者の定義について調べてみました。日本医師会や厚生労働省によると以下の条件に当てはまると濃厚接触者と見なすようです。

・患者(確定例)と同居あるいは⻑時間の接触(⾞内、航空機内等)があった者

・適切な感染防護無しに患者(確定例)を診察、看護もしくは介護していた者

・患者(確定例)の気道分泌物もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が⾼い者

・⼿で触れることのできる距離(⽬安として1メートル)で、必要な感染予防策無しで、患者(確定例)と15分以上の接触があった者

(周辺の環境や接触の状況等個々の状況周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断する)

文章だとよく分からないので、まとるとポイントは3つになるのかなと感じました。

①1メートル以内の距離 ②マスクなし ③15分以上の接触

この3つに当てはまった接触を感染者としていた場合、どうやら濃厚接触者と認定されるようです。嬉しくないですけど。

特定されるって怖いな

しかし、娘の場合は濃厚接触者ではないと連絡がありました。念のためPCR検査を受けるってことかな?

濃厚接触者ではないのにPCR検査って受ける必要あんの?もしかして、濃厚接触者やけど感染者に配慮してこういう言い方してるだけ?なんてことをモヤモヤ考えていると。

「なんか、私のクラスの誰かがなったっぽいな」

とか言ってます。どうして分かるんや…?

娘がそう判断した理由は、友達にLINEで聞いてみたんですって。すると、他のクラスの子はPCR検査の話すら出ていない。部活も中止とか検査の話がないとなると…クラスの誰かとなるわけですね。

しかも、さっきの濃厚接触者の定義もGoogle先生で調べとる。

しかも、感染したのは友達じゃない誰かってことみたいです。仲のいい友達なら、お昼ご飯を一緒に食べたりするので濃厚接触者になるからって。

濃厚接触者やないんやったら、マスクしてるときしか接してへん人やん?と名探偵S(娘のこと)の推理が続きます。

てことは…、私の席周辺の人ちゃうんかな?

このように結論づけていました。この推理を聞いていた僕は思いました。

怖っ!!こんな風に誰が感染したのかを特定されていくって怖いと思いません?

学校は特定されるのを嫌って、オブラートに包んで包んで報告してくるのに調べ始めたらどんどん特定されていく…。

最終的には、誰かってことまで特定したみたいですからね。

「コロナは誰がなってもおかしくないんやし、何も言うたらあかんで」って言うときましたけど。シカトされました…。

家族はどうするのか

娘はPCR検査の対象なので、検査結果が分かるまでは自宅待機になるそうです。

では、家族はどのようになるんでしょうか?

濃厚接触者の場合だと、陽性だろうが陰性だろうが念のため(潜伏期間があるため)2週間の自宅待機が義務付けられていますよね。

しかし、濃厚接触者ではないけどPCR検査を求められた人の家族は基本的には制限はありません。

ただ、陽性の可能性があるので自己判断になりますが結果(検査対象者が陰性)が分かるまでは大人しくしといた方がいいと個人的には思います。

だって、もしも陽性やったらその間に会った人にも迷惑を掛けるかもしれませんからね。

熱もないし、匂いや味もしてるんですけど、たぶん大丈夫では動かない方がいいと思います。

いやはや、いつの間にか身近なところでもどんどんとコロナウイルスが蔓延してきているなと感じました。

今年のGWは高速で渋滞が起こるなど、みんな自粛に疲れて外出を我慢できなくなってきています。

一方で、コロナウイルスもより感染力の強い新種が出てきて、感染拡大しているのも事実です。医療崩壊が起こっているところもありますから。

このまま抑え込めずに、重症化率や死亡率が増えていくとマズイことになりそうなので自分の身は自分で守ることが必要ですね。

今回も最後までお読み下さりありがとうございます。

ABOUT US

かっつん
知っているだけで、ちょっと幸せになれる情報を発信していきます。お金の事、健康のこと、考え方などなど。 言葉が変われば人生が変わる。人生をもっと楽しみたい、そんなアナタのお役に立てれば幸いです。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。