男女の仲ってなんやろ

Pocket

毎度!

しばらくネクタイをしていないと結び方を忘れてしまうかっつんです。

いまだに上手く結べないのは、お前にネクタイなんか要らないと言う神様のお告げでしょうか。

僕は京都に住んでいるので、今回は趣向を変え関西弁で書こうと思います。

 

あんな、昔から知ってるダメな男がおんねん。

わざわざ駄目って言いたくなるくらいの男の癖に、その彼女が思いやりがあって物凄く優しい女性やねん。ほんまに。

まぁ、話を聞いてる限りやけどな。

言うとくけど、俺がその女の子を好きとかちゃうで。そんなんちゃうで。そんなんちゃうねんけど、何やろ?

そんな素敵な女性に限って、必ずその優しさに付け込んで寄生する甲斐性のない男がおったりすんねん。

実際その男がほんまに難儀な男でな、そいつの話聞いてたら腹立ってしゃあないねん。

何が難儀かって、解りやすく不良とかやないねん。

社会的に見たらギリギリセーフみたいな中途半端な位置におって、一見、ちゃんとしてる人なんかな?

大きな夢を持っているがために不遇にさらされてはいるけれど、不通に働いてたら社会人として人並みに生活できてたりするような人なんやろな。

実績こそ皆無やけど、いずれ大成する人やから、この人の意見は聞いとかなあかん、みたいなことを身近な人達に思わせてしまう雰囲気を一丁前に持っとんねん。

けど実際のとこ、からっぽ、からっぽ、何にも無い。

世間を憂いまっせ、正論言いまっせ、我々の世代が世界変えまっせ、みたいな顔してますが、何のことはない。ただの穀潰し甲斐性なしヘタレの阿保ボン。

腹立ちすぎて、その男と口論なった時に、どんな感じで攻めたろかな?ってシュミレーションしてもうてる時あるもんな。

「何の権限があって君は偉そうにするのかな?君には大きな夢があるのかもしれないが、威張るのはその夢が実現してからでええんちゃうの?

権限の前借りで威張るってなんなん?自分の才能が無いのを時代とか社会とか近くにいる人のせいにせんといてくれへんかな?」

こんな感じで言うたったらへこませられるかな? とか想像すんねんけど、その男やったら鼻で笑って、

「あんたも同じような糞じゃないですか、僕を鏡にして自己反省すんのやめてくださいよ」

とか言うて来そうで腹立つわ…。

なんでシュミレーションの中の、自分で想像した相手の攻撃にいてこまされなあかんねん。腹立つ。

その男がな、彼女の事を阿保みたいに言うわけ。男が毎月楽しみにしている雑誌があって、例えば月刊プロレスとしようや。

ただ、お金がないから毎月は買われへんねんて。ある時、今月は奮発しようと思って男がその雑誌を買って帰ったら、彼女も同じ雑誌を買って来ててんて。

彼女は男が喜ぶと思って買って来たんやけど、男は余計なことしやがって金がもったいないやんけ、と怒るのよ。

可哀想やん? 彼女は良かれと思って善意で買って来てんから。でも、男は悪意が無いなら何やっても許されんのか?みたいな面倒臭いこと言い出すねん。

それでも彼女はな、

「でも、その時、私たちは同じこと考えてたんだね」

って言うたんやって。健気やろ。ちょっと重たない?って思わんこともないけど、多分気のせいや。

その男はな、金無いくせに、たまに、まぁまぁ高い服着てたりすんねん。それもな、服買うとき彼女と一緒に行くねんて。

そこで男が気に入った服があって、でも高いから買うか買わないか迷ってたりしたら、彼女が

「うわー、これ私も着たい!!一緒に使おうよ」

とか言うて半分ずつお金出して買うねんて。彼女が率先してレジに服持っていくねんけどな、必ずその服は男のサイズやねんて。

だから彼女は着られへんねん。男は彼女がミスでそないしてると思ってて、俺の彼女アホやろ?とか言うねんけど、アホはお前や。汚い布でも身体に巻いとけ。

彼女の優しさにええ加減気づいたれや。

あなたの周りにもこんな男女おらんかった?

利害を離れて相手に何かを与えたい欲望って何なんやろ?

話だけ聞いていると偉そうにしているが頼りない男と、一見頼もしい彼女に思えるが、彼女の抱える苦労は容易に想像できる。

男の才能を信じてんのか?それでも一緒にいたいというのは単純に愛とかそういうやつなのか。

本人たちにしか解らんのが男女の仲というやつなのか。いや、本人たちですら解ってへんのかも。

今回は、こんな人いたなーと懐かしくなったことについて書きました。

最後まで読んでくださりありがとうございます。今日も応援しています。

 

ABOUT US
かっつん
知っているだけで、ちょっと幸せになれる情報を発信していきます。お金の事、健康のこと、考え方などなど。 言葉が変われば人生が変わる。人生をもっと楽しみたい、そんなアナタのお役に立てれば幸いです。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。